• hidatourism

【第10回飛騨市フォトコンテスト受賞作品展示のお知らせ】


平成30年度飛騨市フォトコンテストの写真展示を行います。飛騨市の素敵な作品をぜひご覧ください。

**************************************

神岡公民館  2月27日(水)~3月21日(木)


まちなか観光案内所(古川) 3月25日(月)~5月17日(金)


十六銀行本店(岐阜市神田町) 5月27(月)~6月7日(金)


****************************************


『とっておきの飛騨市』をテーマに、昨年1月から11月までの期間、第10回フォトコンテストの作品を募集したところ、37名から118点の応募がありました。厳正なる審査の結果、最優秀賞1点、部門賞を2部門から各2点、入選10点が決定しました。

最優秀賞

藤田 正夫(愛知県稲沢市)「きつねパホーマンス」

部門賞

四季・祭部門

政井 博一(高山市)「猪臥山御来光」

田守 真知子(飛騨市)「狐派?犬派?」

自由写真部門

滝上 信行(高山市)「川霧に映える’ねむ’の花」

直井 隆義(高山市)「春の日に」

入選

二川 憲治(岐阜県岐阜市)「灯に映えて」

一ノ瀬 司(高山市)「瀬戸川のシンフォニー」

田中 陽介(岐阜県岐阜市)「冬の夜空」

成瀬 共恵(愛知県岡崎市)「山車の少年」

瀧本 佳史(和歌山県和歌山市)「きつね火まつり」

高橋 愛一郎(飛騨市)「静寂の春」

中畑 勇哉(飛騨市)「暮れゆく聖地」

板倉 正志(飛騨市)「街を見守るダルマさん」

滝上 信行(高山市)「安峰山に見る光芒」

田守 真知子(飛騨市)「桜と雪の朝」


閲覧数:279回

最新記事

すべて表示

飛騨市観光協会男性職員(年齢33歳・飛騨市古川町在住)が、本日9日朝の医療機関でのPCR検査の結果、新型コロナ陽性が判明しました。 同じ事務所に勤務する他4名の協会職員については、行動履歴から直近1週間の濃厚接触者には該当せず、また本日午前、抗原キット検査を受けた結果、全員陰性を確認しました。 飛騨古川まつり会館内事務所と共有するトイレ、通路手摺等は消毒作業を完了しました。 明日以降の協会業務は通