【古川祭】

春の訪れとともに、絢爛豪華な屋台と「古川やんちゃ」の象徴ともいえる起し太鼓が
披露される古川祭が4月19(水)・20日(木)の2日間に亘って開催されます。

昨年12月にユネスコ世界無形文化遺産に登録され、今年はさらに盛り上がりを見せそうです。
古川祭は、気多若宮神社の例祭です。また、飛騨の匠の技を結集した絢爛豪華な屋台が町を練り歩く「屋台行列」も祭の見どころ。
9台の屋台に施された巧妙な彫刻は、まさに飛騨に息づく雅の文化の象徴です。
静と動、この対照的な2つの表情を持つ古川祭は、飛騨の人々が大切に受け継いできた誇り。
雪深い飛騨に春を告げる大切な行事です。

期 間 : 平成29年4月19日(水)~4月20日(木)

場 所 : 古川市街地 ※起し太鼓出立祭はまつり広場
※当日の詳しいスケジュールは4月上旬頃に決まります。

駐車場 : 飛騨市役所駐車場、若宮駐車場(古川駅真裏)ほか順次臨時駐車場に案内。
当日は例年、列車増便予定。
01%e5%8f%a4%e5%b7%9d_%e5%8f%a4%e5%b7%9d%e7%a5%ad%e3%80%90%e5%b1%8b%e5%8f%b0%e3%80%9103 古川祭_その他_003
DSC_0164 古川祭_起し太鼓_022<H18 srcset=” width=”200″ height=”300″ />